トランスメディア提供アイコン01 ◆KONICA SⅢ(1963) ~神田・日本橋界隈モノクロSNAP

e0174382_227573.jpgなんだぁ、これも自分のバースイヤーカメラだったんだ!1963年12月発売。SⅢというからには初代SのⅢ番手で、さらにはKONICA Ⅰ~Ⅲの前シリーズを受けた最終機種のようです。ということなので最もこのシリーズで完成度が高く、それでいてコストカットもうまくいった「いいカメラ」ではないでしょうか。




e0174382_2284846.jpgこのデザインをいいと思うか、悪いと思うか・・・これが発売された当時はどっち評価だったのでしょう。単独で見るとすごい無骨。ところがどっこい、お散歩カメラとしてぶら下げると、少しメカっぽい感じがちょっと誇らしげになります。私の価値基準でいつも思うのは「所有感」で、それで言えばこのカメラ、飾っては?だけど、持ってナンボのカメラかなと感じます。フォクトレンダーとかと同じ匂いがする・・・。

e0174382_2292086.jpgレンズはこのシリーズで一番明るいHEXANON F1.9 47mm。シャッターはCOPAL SVEパララックス補正がついたファインダーも機能的な特徴。

では、はじめての作例です。
こういうちょっとクラシカルなカメラだとやっぱりモノクロいきたくなっちゃいますね。なのでネオパン・プレスト400を装填。題材はこれまたクラシカルな(笑)神田~日本橋の古風な建築物を中心にスナップしてみました。

e0174382_1802363.jpg

e0174382_18039100.jpg


e0174382_1805436.jpg


e0174382_1812533.jpg

e0174382_1813565.jpg

e0174382_1814420.jpg

e0174382_1815392.jpg

e0174382_182278.jpg

e0174382_1821069.jpg

e0174382_1821746.jpg

e0174382_1822726.jpg


これはいい買い物が出来たようです。想像していた以上にきっちりとした操作感の手ごたえがあり、実際の描写も大変満足感のあるものです。ただ今回使ったネオパン・プレスト400だと少し感度が良すぎてしまいますね。きれいには仕上がりますけどあまり粒子感は出なかったかもしれません。
しかし日本橋も表から来るとすでに再開発を受け始めて生まれ変わろうとした街並みですが、神田から室町は歴史の景観をとどめていて、ちょっとしたお散歩にはもってこいです。色合いのあまりない街並みなのでモノクロを選びましたが、真っ青な日本晴れの日に今度はカラーで写してみたいものです。


◆CAMERA : KONICA SⅢ(1963)
◆LENS : HEXANON F1.9 47mm
◆FILM : FUJI NEOPAN PRESTO 400

[PR]

by samcame | 2009-06-10 20:57 | KONICA

<< ◆雨上がりのバラ園 ~PENT... ◆PETRI V6(1965)... >>