トランスメディア提供アイコン01 フォト・ノスタルジア = フォトノスさん

e0174382_1381467.jpg

雑居ビル1階にある看板は10cm四方。

4階にあがると「やってます」というセロテープで留めた張り紙。

扉を開けると、3人が立っているのがやっとの狭さだけど、

まるで片付かないおもちゃ箱のようにどっさりカメラがある。

そこに人懐っこい、商売っ気もそんなにないご主人が一人。

入れ替わり立ち代りクラカメ好きがやってきて、しこたま話し込んで帰る。

こういう場所が本当の「サロン」だ。

無造作に置かれているカメたちの白い”じゅうたん”はなんと「亀柄」。

「あ、本当だ。全然気づきませんでした。」とご主人は言う。

いや、きっととぼけているだけ。

洒落っ気は口に出さないのがスマートだから。

FUJICA COMPACT 35
-----------------------------------------------

しょぼいブログなので(笑)ポチッと↓一押し応援お願いいたします!<(_ _)>
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

[PR]

by samcame | 2010-11-03 00:56 | 『記憶』の1枚

<< 二眼カメラは100年後か? 身近なアート >>