トランスメディア提供アイコン01 雲と凡庸。

e0174382_031282.jpg

写真で雲を追い求めたらそれこそキリというものがない。

家にいるときは窓を開ければ、外にいるときは上を見上げるだけ。

そうするとたいがい雲はいてくれる。

それがどんな姿でも常にアーティスティック。

こんなうれしい被写体はないけど、「これこそは!」というものは撮れたためしがない。

いつでも凡庸。

以前ある方の写真展で観た雲には立ちすくむほど圧巻させられた。

プロとアマがこんなに違うのかと再認識。

でも目指しているのはそんなプロの写真じゃない。

凡庸中の凡庸。

これはこれでプロには真似できないはず。

PENTAX ME
------------------------------------------------------------------------

しょぼいブログなので(笑)ポチッと↓一押し応援お願いいたします!<(_ _)>
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

[PR]

by samcame | 2010-11-14 00:34 | 『記憶』の1枚

<< ◆MINOLTA SR-1 Ⅳ... ◆minolta Hi-MAT... >>