トランスメディア提供アイコン01 ◆KONICA C35 ~ピッカリ・コニカ初撮り

b0008655_2220299.jpg古いカメラはあがってみないと分からない!ピッカリコニカくんの最初の1本があがってきました。カメラ自体には幸い大した問題はなさそうでしたが、私に大いに問題があり(笑)、まず巻き上げの失敗、そして撮影そのものの失敗(それじゃダメじゃん!)などウデのなさが露呈しました(笑)。では、その結果をご覧くださいませ・・・・(^^;))))))




これは柿山田での1枚。スカイライトを外したからどうか定かではありませんがちょっと空の青がきついですね。しかしこのくらいの距離のゾーンフォーカスが難しい・・。
b0008655_21215043.jpg


以下はスカイライト装着。特別なんでもないといえばそれまで(爆)。被写体のチェロキーはもしかしてこのC35と同年代??(笑)
b0008655_21232171.jpg


ゾーンフォーカスでも絞りがどうか前ピン、後ろボケを試してみましたが、うまくやれば出来なくはないようです。
b0008655_21244091.jpg


やっちゃいましたね(爆)。デジイチ気分でこんな構図を取るとムチャですわ。何しろレンズシャッター機なんですからねー(^^;)
b0008655_21274958.jpg


ここから2枚は「ピッカリ=フラッシュ」の試し撮り。あ!これは上等。結構光量もあるし、いや、下手な最近のデジカメよりフラッシュより明るいんじゃないかな~。くっきりきてる。
b0008655_21292054.jpg


えー、モデルに難あり(笑)。それはともかくこの時ランタン最小でかなり真っ暗なことを考えるとこれなら充分でしょう。多分スクリーンの中だから全体から集光したのも幸いしたんじゃないでしょうか。撮影はかげちゃん。
b0008655_21313490.jpg


柿山田を離れまして、とあるセメント工場の風景。なんでセメント工場?(爆)ま、でも高低さもあるし、面白い被写体なんですよ。
b0008655_2134197.jpg


空も柔らかく、スカイライトはちょっと役に立っているようです。遠景であればヤマカンゾーンフォーカスを意識しないので無理なく撮れました。
b0008655_21364012.jpg


やっぱり3m前後がどうも難しいです。ちなみにこの青いのはピンボケではなく面白いクルクル回るアンテナで、シャッタースピードの関係でこんななってます。
b0008655_21391810.jpg


では最後にゾーンフォーカスの大失策を。

1m以内はダメですね。こんな撮り方だと地面にしかピンがいきません。やっぱりデジカメ慣れしちゃって、何でもできるモードになると古亀ちゃんは操れないですね。自分から動かなくちゃ。
b0008655_21415828.jpg

てなわけで、PENともまたちがったクセがあり、これを頭に入れてから今一度使ってみましょう。今回のフィルムは「DNP CENTURIA 200」です。カメラに詳しい方ならお分かりだと思いますが、コニカミノルタ消滅のあとフィルム事業部が移管されたのがDNP。そんなわけでピッカリコニカにこれ使ってみました。単純~(笑)。このフィルム、メジャーどころよりもかなり安いです。発色はご覧の通り落ち着きがあり、フジのこってり系とちょっと感じが違うみたいです。安いといっても天下のDNP=大日本印刷ですからね。なめちゃいかんぜよ(爆)。カメラとしてはやはりゾーンの感覚をしっかり掴まないとピンボケオンパレードになりそうです。レンズは思ったより明るめ。フラッシュに関しては言うことなし。ピッカリに偽り無しです。

CAMERA : KONICA C35 EF (1975)
FILM : DNP CENTURIA 200

[PR]

by samcame | 2009-02-26 20:23 | KONICA

<< ◆FLASH FUJICA A... ◆汐留~新橋snaping (... >>