トランスメディア提供アイコン01 ★OLYMPUS 35S II 1.8 (1957) ・・・初期オリンパスRFフラッグシップ機

e0174382_1540382.jpg
私としてはかなり気合の入った蔵亀。この原型「オリンパス 35S」は1955年というから昭和30年の販売開始という歴史あるカメラです。国産でははじめてのレバー式フィルム巻き上げ機構、セルフコッキング機構が搭載された当時としての高級機。2年間のマイナーチェンジ等を経てその最終発展形になったのがこの「OLYMPUS 35S II」です。




e0174382_15403218.jpg
35Sは市場に出てこないわけではないのですが、私が「これだ!」と決めたのが大きなゴールドのSマーク。たの35S系にはなく、さらには同じ35S IIでもこのマークのあるのとないのがあるようなので、このマーク付きで状態のよいものはかなり希少といっていいかもしれません。

e0174382_1543634.jpg
レンズはGズイコー42mmF1.8(5群7枚構成)という当時では稀というかRFでは最高レベルの大口径レンズ。元々35SはF3.5でスタートし、後にF2.8、F1.9となり、35S IIでもF1.8の他、F2、F2.8があるという複雑な体系だったようです。その中でもF1.8モデルを入手できたのはSマーク同様ラッキーです。

e0174382_1541114.jpg
この楕円というか六角形のような全体のフォルム・・・そう、ちょっとムリヤリかもしれませんが現420のボディラインにどこか共通しています。その後のPENにも小型ながらこのフォルムが継承されている事を考えるとオリンパスのボディアイデンティティがもうこの時期に完成していたのかもしれません。35Sはさすがに昭和中期の無骨なデザインですが、35S IIはちょっと瀟洒になりPENへの橋渡しになったと思います。

[PR]

by samcame | 2010-06-18 22:55 | OLYMPUS(RF)

<< ◆区役所&花の公園 ~MAMI... Salvaging junks... >>