トランスメディア提供アイコン01 ◆MINOLTA SR-1 Ⅳ&AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8

e0174382_1554863.jpg
ミノルタ初の一眼レフが発売されたのが1958年、SR-2。その普及期がSR-1で、初代1958年発売から4回のマイナーチェンジをされました。これはその4代目1962年の発売。惜しい!実に惜しい!もし1963年なら同学年、38会なんだけどなぁ(笑)。ミノルタといえばαの原型。SR-1は今で言うとα300あたりの位置づけでしょうか。




e0174382_15544530.jpg
初期型と違うのはロゴマークが右側に移り、外部連動式の露出計用のクリップが付いています。しかしこのボディなんと920g!約1kgですよ!ズッシリを通り越して鉄の塊を持ってるような気分です(笑)。でもそれゆえの風格も感じます。

e0174382_15552185.jpg
AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8。ミノルタSRマウント、MCマウント互換。この時代、コストがどうのとかあまり関係ないでしょうから、これの描写、ちょっと期待できそうな雰囲気。

e0174382_15554928.jpg
もう、このフォルムにまいってしまいました。微妙なカーブと放射線状のペンタプリズムのすばらしいバランス。そしてまんまるのファインダー!こんなフォルム、今のカメラには求めようにも求められません。最高の後姿美人
ただこの機種、現在さほどは市場で人気がないようです。どうしてなのかなぁ・・。この時代だとアサヒペンタックスの方にどちらかというと目が行くほうが多いようです。確かにモデル数も多いしどれも特徴的ですからね。

そんなこともあってか割りと格安で新宿西口キタムラ大ガード店から購入できました。特に信頼できるスペシャリストの奨めだったのが決め手。構造上の不備は特になく、レンズのカビくもりはないようです。シャッター鳴きもありません。いい買い物でした。
SR-7も欲しくなってきた・・・

しょぼいブログなので(笑)ポチッと↓一押し応援お願いいたします!<(_ _)>
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

[PR]

by samcame | 2010-11-14 22:29 | minolta(一眼レフ)

<< 錆びれ逝く商店街。 雲と凡庸。 >>