トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:カメッセイ(亀エッセイ)( 7 )

トランスメディア提供アイコン01 石原慎太郎の論評眼

e0174382_15593635.jpg

ミッドタウンにある富士フイルム フォトサロンで開催された、「 第十四回AMATERAS展 太陽 月 空 海 大地」を鑑賞してきた。

テーマがアマテラスというだけに、よく言う日本や海外のパワースポット的オーラをかもし出す大自然やマクロで写される自然の神秘などが大変多かった。

また作風は極めて力強く、写真からみなぎる力が半端ではない押し出し。シャープでいて、アマっぽい開放など使わない、しっかり絞って全体の奥行きもしっかりしているものがほとんど。また忠実な描写はもちろん、この写真のように全体がテクスチャーかと思うような、さすがハイアマチュアのレベルの高さ。

ところが・・・1枚の写真に釘付けになった。何でもない、いや、それどころか構図もバランバラン、よく見ると軽い手ぶれも見えるような、まるで我々がコンデジで撮ったスナップみたいな写真。ただ、見えない何かの精霊が手招いているようなパワーとは正反対のものが見える。この写真に「石原慎太郎賞」が贈られていた。

写真家の撰となっていたのは前述のパワーあふれる、そしてテクニックの卓越した写真。

ではなぜ石原慎太郎はその作品に賞を贈ったのだろう。

そこに、自分には言葉に現せられない共感を大いに感じた。

要するに、自分も石原慎太郎もひねくれ者ということだろう。

しょぼいブログなので(笑)ポチッと↓一押し応援お願いいたします!<(_ _)>
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

[PR]

by samcame | 2010-11-19 16:02 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 遊び心を忘れずに・・・

e0174382_1432788.jpg
亀師匠のアトリエから帰るときに、2枚のオリジナルポストカードをいただきました。「丸裸で持って帰ってもらうのはイヤなのね」とクラフト紙の封筒に入れてくれ、最後にちょこっと貼ったのが、この愛嬌のあるシール。自分の仕事に誇りを持ちながらも、遊び心で俯瞰することも忘れない・・・ハードとハート両面の踵、これがプロの余裕かな!
[PR]

by samcame | 2010-06-05 01:43 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ネガフィルム再考

e0174382_0584678.jpg
フィルムカメラを愉しむようになって日々困ってきているのが、フィルム選択の縮小。それは需要だから仕方ないとして、ある程度の選択肢が欲しいところです。少なくとも3社あれば…。特に一番のお気に入りであったDNP centuriaが消滅してしまった以上、しょうがありません。しかし残る2社でいいのがありました。コダックでは市販では最安値のGOLD100。カメラのキタムラグループでは24枚撮り¥150前後(ヨドバシでは¥420)。これがなかなか粒状感がよく、鮮明な仕上がり。

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-05-23 22:03 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆PEN、OM-1生みの親、米谷美久さんご逝去

e0174382_14413912.jpg去る7月30日、元オリンパス常務・米谷美久(まいたによしひさ)氏がご逝去されました。享年76歳。満を持して2009年オリンパスが現代版PENを世に出したその同じ月に、初代PEN(1959、ちょうど半世紀前)を生み出した同氏が天国に旅立つ・・・これを運命といわずなんと言うのでしょうか。昨年来クラシックカメラに興味を持ちたくさんのそれらに出会うきっかけになったのがPEN・EES-2との出会い。とにかく一目見てその構造美にただただ魅了されてしまいました。内容も品番も分からずとにかく自分のものにしたく所有。もちろんそのときはPEN開発秘話など知る由もありません。その後くうなちゅママさんご夫妻からお父様の使われていらっしゃったほぼ初代と言っていいS2.8を譲っていただき、そのとき初めてこのカメラの内因するすごさを知りました。ど素人の私がそれを語る資格はないので末尾に参考URLをいくつか書き出しておきます。
もしこの世に米谷さんが生を受けていなければもしかしたらカメラの技術発展は日本において20年遅れていたかもしれません。いやカメラ文化そのものが20年遅れていたかもしれません。高い理想を実現する技術のチカラと知恵、探究心。そして妥協を許さぬハートの熱さ。米谷さんが標榜された「価値創造」・・この言葉、その生き様にとてもとても魅力を感じます。
私のカメラの師匠であるソーマさんが期せずして米谷さんへの手向けの花となった写真を米谷さんの亡くなる直前に撮られていたのでぜひご覧ください。米谷さんが作られたこのカメラに「孤高の輝き」を感じます。合掌。

名設計者・米谷氏が逝去,オリンパスの礎
カメラ開発における「価値創造」
米谷美久が語る、「見える壁と見えない壁」
[PR]

by samcame | 2009-08-01 14:42 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆中指を上手に~~

b0008655_1745592.jpg中指。人差し指よりも優し~く、そしてソフトに・・・・軽くタッチして、スッと動かす・・・。そうすると「クイッ」と「ピクッ」っと反応。この感触ですよ。

>>妙な続きもりますよ~(笑)
[PR]

by samcame | 2009-05-14 20:34 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆◆ 秤で一句! ◆◆



このフォトノスさんで写した1枚で一句・・・

「  蔵亀は  時間(とき)の重さを  知る秤(はかり) 」

お粗末!(笑)

[PR]

by samcame | 2009-03-09 19:51 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆ジャンクと救出名人田口さん

b0008655_1147275.jpgUSEDとしてのカメラには暗黙の共通基準ランクがいくつかあるようですね。例えばキタムラ基準ではAなら新同品、ABは使われてるが故障なしの美品、Bはある程度使い込まれてはいるが大きないたみはないもの、Cなら傷や汚れはあるが一応の動作はする、こんなかんじです。そしてそれ以下がジャンク。作動も外観も補償できない、うまく動いたらみっけもの、という廃棄ギリギリのリサイクル品です。私の蔵亀はだいたいB~Cレベルで、ジャンクはあまり手を出しません。マニアの方は500円のジャンク品を見つけ出しては魔法のように完動品にしてしまうからスゴイ!これを業界用語で「救出」といいます(笑)。さらにそれを直すことを「研究」といいます(笑)。私はその様な器用さはなし。試しにジャンク1個をばらしたら、元に戻らず(笑)、ジャンクがおジャンに(爆)。それがこのCanonet QL17

↓ こちらをクリックして続きをどうぞ! ↓
[PR]

by samcame | 2009-03-04 21:26 | カメッセイ(亀エッセイ)