トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:YASHICA( 7 )

トランスメディア提供アイコン01 ◆お壕の桜 ~YASHIKA ELECTRO 35 FC (1973)

e0174382_17452290.jpg
桜の咲き始め、外壕~防衛省の桜並木としだれ桜を、先日手に入れたYASHIKA ELECTRO 35 FCの試し撮りをしてきました。

↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

by samcame | 2010-04-02 14:44 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆YASHIKA ELECTRO 35 GX(1975) ~白梅林shooting

e0174382_18565522.jpg
私の住んでいるところからちょっと行った丘陵地にぽっかりと梅林があります。それも白梅だけ。道も細く、車では通らないところなのでまず見つからなかった場所です。たまたま、携帯基地局探しで(爆)見つけたという秘境(笑)。これをYASHIKA ELECTRO 35 GXの準広角40mmでshootしてみました。
e0174382_18191370.jpg


↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

by samcame | 2010-03-22 18:21 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◇YASHIKA ELECTRO 35 GX(1975)

e0174382_1351397.jpg
形、大きさ、バランス、どれをとってもエレクトロシリーズで一番格好いいのがYASHIKA ELECTRO 35 GX。ブラックボディも一見してプラカメのそれとは違う金属感。動こうが動かまいが(笑)関係ない上部の赤と黄色の矢印など、その当時のフューチャー路線がいいですね!このGXを最後にエレクトロも終焉を迎えましたが、シリーズ完成形ここにありの感です。

↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

by samcame | 2010-03-15 17:40 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~作例:大原ACinnそとぼう&バラ園

e0174382_1882352.jpg
「名機」と呼ばれるものは不思議なもので、そのときの名声とは別にこの時代にあまりあるほどあるとやや価値が落ちてしまったりします。このヤシカエレクトロ35も画期的な機能を備えたことでバカ売れ。今もごまんと見つかるのであまり有り難味がややないかも・・・。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

by samcame | 2009-07-20 00:30 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆神社の早咲き桜、ちとせ、フォトノス~YASHICA Half 14

e0174382_168867.jpgF1.4の大口径レンズを持ったハーフ機YASHICA Half 14 (1966)の初作例です。ちょっとランダムで始まり、稲毛浅間神社、レストランちとせ、なぜか餃子とチャーハン(笑)、そしてこのカメラをお世話いただいたフォトノスさんへと続きます。撮影は2週間くらい前なのでこの時点での桜は早咲き品種のようですね。ハーフなもんですから写真がたくさんあってすみません(笑)

↓すいません、ちょっと長いです(^^;)
[PR]

by samcame | 2009-04-08 16:36 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆YASHICA Half 14 (1966)

e0174382_1346515.jpgデカくしか見えませんけどハーフです(笑)。持てば重いですけどハーフです(笑)。軽量なボディに小さいけれど描写力の有るレンズを備えるのが本来の「ハーフ機」であるとするなら、こいつは「ニューハーフ」です(爆)。ここまでにいたった各社でのハーフの特徴合戦があったのでしょうけど、数十年後冷静に見るとこれはなんともいびつな設計ですね。否定してるんじゃないですよ。こういうように色々な背景から多種のカメラが生み出される、そこが面白いじゃないですか。それを今冷静に見直すのは我々の時代の特権です。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

by samcame | 2009-04-08 16:02 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆YASHICA 35MF ~「目指せ幕張メッセ&RVショー&亀沼会」

b0008655_172743.jpgピッカリコニカ」のインパクトは相当あったようで、各社の後追いの機種はほぼその路線の踏襲となったようです。この1976年の35MFもそうですし、「Flash FUJICA」もそう。とはいえこの35MFはよくみると独自の機能構造が見られ、ヤシカらしいテクニカルオリエンテッドは守られたようです。胴体の下部にあるオレンジ色のシールの隣りにあるのが巻き上げレバー。ここに作らざるを得なかったのがいい意味でフォルムをスッキリさせている代わりに、まともにカメラを立てて置くと異常に安定感が悪いという欠点にもなっています。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

by samcame | 2009-02-26 20:49 | YASHICA