トランスメディア提供アイコン01 <   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 人間の見たものはカメラ以上なの?

e0174382_21241984.jpg

僕らの眼はすべてオート。

ピントも、絞りも、色情報も。

だったらなんでわざわざカメラで絞りを開けて「ボケ」味を作ったりするのかな?

そう、オートだっていうことはマニュアルじゃないってこと。

人間の眼と違う情報をカメラに与えて記録する。

そうすると記録が記憶として綴じられる。

そんな感じじゃないかな。

Nikomat EL
-----------------------------------------------------------------------

しょぼいブログなので(笑)ポチッと↓一押し応援お願いいたします!<(_ _)>
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

[PR]

by samcame | 2010-10-31 21:34 | 『記憶』の1枚

トランスメディア提供アイコン01 Voigtländer VITO BL (1956)

e0174382_18185877.jpg
フォクトレンダーのコンパクトシリーズではビトーシリーズに続くビトーBシリーズの第2弾。楕円の軍艦部分のメッキがとても美しく、セレンの押し出しもとても格好いいです。よく見るとレンズ胴鏡の真上にフィルムカウンターの窓があります。数字が逆さまなのはカメラを上から見たときの確認がこの方向が合っているという合理的なもの。さすがドイツ製。

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-31 14:51 | Voigtländer

トランスメディア提供アイコン01 撮影するから買っちゃった。CANON AV-1&NFD35-70mm F3.5-4.5

e0174382_1822488.jpg
「衝動買い」、これは治らぬ病気(笑)。しかしたいていは必要に迫られて買うよりも、偶然目の前にあったものに釣られて買ってしまうのがほとんどのはずです。しかし今回、写真を撮るのに手ぶらで出かけ現地でカメラを仕入れる、こういうのはなんと言うのでしょう?(笑)やっぱり「衝動買い」ですかね。その現地で飾ってあるものから選んだのがCANON AV-1。これ、人気すごくないですよね(笑)。なので¥1800。東京都内で修理不要一眼の底値でしょう。そしてレンズはNew FD35-70mm F3.5-4.5、こちらも¥1800。会わせて¥3600也。近くにあったFUJIラピッドより安かった(笑)。で、電池突っ込んで、フィルむ突っ込んでもらって包装もせずにそのまま撮影開始。いずれ本編で書きますが、操作感においてはこの組み合わせ、実によいのです!出来た写真が酷かったら酷評しますけど(笑)、とにかく快適でした。NFD35-70mmはすごくコンパクトでいいですねー。AV−1の頃は35-70でも重くて長いレンズ着けていたのでしょうから、逆のこの時代のありがたさをヒシヒシ感じます。CANONは一気通巻マウントが違うだの何だの考えなくていいのが改めてアドバンテージだなぁと感じました。それだけこだわりがないのかな?・・(笑)


しょぼいブログなので(笑)ポチッと↓一押し応援お願いいたします!<(_ _)>
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

[PR]

by samcame | 2010-10-29 18:22 | Salvaging junks!

トランスメディア提供アイコン01 MINOLTA X-7(1980)+RMC Tokina 28-70mm F3.5-4.5 ~成田ゆめ牧場オートキャンプ場

e0174382_10453946.jpg
撮影は10/11、体育の日の翌日大変よく晴れ、初秋の草木がまぶしい成田ゆめ牧場オートキャンプ場でした。この日デジイチと一緒に持ち込んだのが久しぶりのMINOLTA X-7。レンズは牧場ということもあって広角も狙えるRMC Tokina 28-70mm F3.5-4.5。甘い写りが特徴のこのレンズで独特の感じが出せれば・・・。
e0174382_10454845.jpg


↓ こちらをクリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-28 10:53 | minolta(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 Nikomat FTn(1967)+SIGMA 70-210mm F4.5 MACRO ~富士山&カントリーベアファミリーキャンプ場

e0174382_2155932.jpg
10月の初旬、富士裾野にあるカントリーベアーファミリーキャンプ場へ家族で出かけてきました。ここでの楽しみはなんといっても富士山の眺め。このキャンプ場内からも富士山を望めます。そこで望遠レンズと一眼の組み合わせがいいだろうと選択したのは、先日購入したNikomat FTn(1967)に、カニ爪ありのニコンマウントのSIGMA 70-210mm F4.5 MACROの望遠ズームです。
e0174382_21551573.jpg


↓ こちらをクリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-22 22:05 | Nikon(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 イタリア街 ~NEW FUJICA COMPACT 35(1969)

e0174382_22363384.jpg
汐留シオサイト5区は、東京の中に突然広がる純なイタリアの町並み、通称「イタリア街」です。広場を中心にカラフルなオフィスやショップ、レストランがあるまさしく日本離れした光景です。そんな場所をスナップするのに首からぶら下げたのがNEW FUJICA COMPACT 35です。日本ではありますが、少し観光客的気分を味わうにはこういうコンパクトカメラがいいだろうとOLYMPUS TRIP 35と迷ってこちらにしてみました。
e0174382_22364777.jpg


↓ こちらをクリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-15 20:36 | FUJI/FUJICA(RF)

トランスメディア提供アイコン01 四谷見附の午後 ~OLYMPUS PEN EES (1962)

e0174382_22271615.jpg
PENシリーズたくさん買い込んだのはいいのですが、だんだんどれがどれだか分からなくなってきちゃいました(笑)で、今回はPEN EESです。複雑な操作のいらないシリーズ中でも簡単カメラの位置付け。被写体は四谷から市谷、または新宿へ向かう四谷見附付近です。
e0174382_22285289.jpg


↓ こちらをクリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-12 18:54 | OLYMPUS(RF)

トランスメディア提供アイコン01 ◆Nikomat FTn ~ガツンとくる機械式フォーカルプレーン機

e0174382_105658100.jpg
1967年発売、露出計内蔵35㎜機械式フォーカルプレーンシャッター式一眼レフ中央部重点測光、定点式CdS露出計(TTL方式)採用Nikomat FTnはニコンFの普及版という位置づけですが、きわめて頑強な造り、精度の高い動作はこのカメラ自体で完成されている充実度があります。先に購入していた電子制御式ELよりもガツンとくるスタイルは今の時代には考えられない頑固者?のような男らしさがプンプン。重量も765gとこれまたガツン。購入動機はこちらをご参照ください

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-09 11:03 | Nikon(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 FUJI FILM SQUEREとフジカ ミニ

e0174382_22435543.jpg
ミッドタウンにあるFUJI FILM SQUAREへはたまに寄ることがあり、都度の写真展をゆっくり眺めたりします。プロ、アマ問わず素敵な写真の数々に、「さすがだな〜」と感心しきりです。そしてこの場所だからというのが、印画紙の質感の高さ。フィルムなら表現豊かな粒状感、デジタルなら微細な際のシャープさ、どちらもハイレベルで、フジの威信がかかっていることを強く感じさせてくれる=印画して写真、改めて刻み込まれました。

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-08 22:43 | 狙い撃ち

トランスメディア提供アイコン01 夕雲 ~CANON AE-1P+CANON ZOOM FD 35-105mm F3.5

e0174382_10485556.jpg
夏の後半から秋にかけての夕焼けは1年を通して一番印象的な風景をかもし出してくれるのではないのでしょうか。大きな夏雲から、鱗雲の秋雲へ。そんないくつかの雲を主題にした夕景をCANON AE-1ProgramCANON ZOOM FD 35-105mm F3.5を装着して撮影してみました。前半は千葉県内、後半は東京タワーです。1枚目( ↓ )の真ん中にあるゴミみたいのは(笑)飛行機です。
e0174382_10491812.jpg


↓ こちらをクリックして続きをどうぞ ↓
[PR]

by samcame | 2010-10-04 11:09 | CANON(一眼レフ)