トランスメディア提供アイコン01 ◇YASHIKA ELECTRO 35 GX(1975)

e0174382_1351397.jpg
形、大きさ、バランス、どれをとってもエレクトロシリーズで一番格好いいのがYASHIKA ELECTRO 35 GX。ブラックボディも一見してプラカメのそれとは違う金属感。動こうが動かまいが(笑)関係ない上部の赤と黄色の矢印など、その当時のフューチャー路線がいいですね!このGXを最後にエレクトロも終焉を迎えましたが、シリーズ完成形ここにありの感です。

↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

# by samcame | 2010-03-15 17:40 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆CANON DATEMATIC(1974) ・・・軽量化・日付撮影の先鞭

e0174382_21462547.jpg
キャノンのレンジファインダー機キャノネットは、1961年の初代が大ブレーク、そして1970年代もニューキャノネットとしてヒットを飛ばし、その中の世代替わりの一つとして1974年に発表されたのが「キャノネット・デートマチック」。

↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

# by samcame | 2010-03-10 18:25 | CANON(RF)

トランスメディア提供アイコン01 ◆OLYMPUS PEN EED (1967) ~「なんでもないスナップ・2」

e0174382_20492357.jpg初回の撮影でオシャカになってしまったPEN EED。せっかくのPENがただの置物になるのはもったいない!某所では難航した修理を、おなじみフォトノスさんが行為で引き受けてくれた結果見事復活。が、最大限していただいたもののオートは死んでしまってシャッタースピードは一定。そこで今一度何度か持ち歩きながらのスナップ撮りをしてみました。

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

# by samcame | 2010-03-08 01:14 | OLYMPUS(RF)

トランスメディア提供アイコン01 ◆曇り梅 ~PENTAX ME&smc 35-70mm

e0174382_1993219.jpgどうも2月~3月にかけて天候不順が続きます。まともに晴れる日も少ない。そんななか日差しがあまり無いけど雨が上がったうす曇のチャンスに梅林を撮ってきました。持ち出したカメラ、レンズはPENTAX ME smc PENTAX-M ZOOM35-70の標準2倍ズーム。どちらも正直ジャンクレベルで心配でしたが・・・

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

# by samcame | 2010-03-02 23:06 | PENTAX(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆CANON T70インテリジェント・シューターを引っ張り出してみた!

e0174382_18505795.jpg2010になって全然蔵亀に触れておらず、しばらく放置状態になっていたこと大反省。実際にはカメラ自体をキャンプ&お出かけに携帯していたけど使う機会無しのままが続き、もう2月。そこで今回コールマン新製品発表会という絶好の機会を得て、そのイベント終了後、城南島に残りながら夕景前後を被写体にして構えました。その相棒が兄のお下がりCANON T70。その異端なガンプラのような(笑)カメラ史に残るスタイルの詳しくはこちらをご覧いただくとして、そのインテリジェント・シューターぶりを初チャレンジ。

↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

# by samcame | 2010-02-21 18:50 | CANON(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆ASAHI PENTAX ME(1976)

e0174382_17282227.jpgMV-1の項にも書いたとおり、オリンパスOM-1コンパクト化キャノンAE-1オート化がヒットした時代背景にペンタックスとしては軽量化とメカニカル化を両立したMXを発表。その進化版というかフルメカニカルを割り切って絞り優先にすることで35gの軽量化も進み、さらに若干ながらMXよりスマートになったのがこのME

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

# by samcame | 2010-01-12 00:28 | PENTAX(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆メープル那須&夕焼け ~PENTAX MV-1&smc 35-70mm

e0174382_18441123.jpgsmc PENTAX-M ZOOM 35-70mmの初試し撮りはMV-1に装着して那須高原のキャンプ場「メープル那須高原キャンプグランド」と自宅から見えた夕焼けで行いました。ちょっと脈略がありませんけどね(笑)。

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

# by samcame | 2009-12-10 18:42 | PENTAX(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆smc PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5(1978)

e0174382_21412348.jpg
発売当初は7万円もした高額なレンズですが、Mシリーズ装着されることが多い2倍標準ズーム。ズームにしては大口径で明るいレンズです。決してレンズとしては大きくはありませんがコンパクトがウリのMEやMV-1に装着するとどうしてもバランスとして大きく感じてしまいます。

↓ クリックして続きをご覧ください ↓
[PR]

# by samcame | 2009-11-11 18:10 | レンズ(PENTAX)

トランスメディア提供アイコン01 ◆PETRI V6(1965)  ~ 巣鴨地蔵通り散策編

e0174382_2264664.jpg長年踏み入ることのなかった巣鴨地蔵通りここに夫婦でお出かけしてみました。お年寄りの原宿といわれるならば、また風情豊かなことだろうと、こういうときにはうってつけじゃないかとペトリV6で撮影に臨んでみました。

↓クリックして続きをご覧ください↓
[PR]

# by samcame | 2009-09-13 21:33 | PETRI

トランスメディア提供アイコン01 ◇KONICA C35 E&L (1971)

e0174382_1193255.jpg
売れに売れた「じゃ~に~コニカ」の中でも装備を省いた簡易版。E&LはたぶんEasy&Liteだと思います。まさしくその通り軽いし、特別な操作全然なし。プログラムEEですが、残念なながらこれは動いていません。フォーカスはゾーン。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-09-03 19:06 | KONICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆Voigtländer Vitoret D ~初撮り

e0174382_19431296.jpg
2000円の拝観料(笑)で購入した初フォクトレンダー。このビトレットDビトー、ビトマチックと連綿したコンパクト系の最も普及版にあたり、9種類のビトレットの中でも一番「フツー」です(笑)。とはいえ充分にフォクトレンダーの香りがあり、工業製品ベースの美しさも備わっていると思います。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-08-01 22:43 | Voigtländer

トランスメディア提供アイコン01 ◆PEN、OM-1生みの親、米谷美久さんご逝去

e0174382_14413912.jpg去る7月30日、元オリンパス常務・米谷美久(まいたによしひさ)氏がご逝去されました。享年76歳。満を持して2009年オリンパスが現代版PENを世に出したその同じ月に、初代PEN(1959、ちょうど半世紀前)を生み出した同氏が天国に旅立つ・・・これを運命といわずなんと言うのでしょうか。昨年来クラシックカメラに興味を持ちたくさんのそれらに出会うきっかけになったのがPEN・EES-2との出会い。とにかく一目見てその構造美にただただ魅了されてしまいました。内容も品番も分からずとにかく自分のものにしたく所有。もちろんそのときはPEN開発秘話など知る由もありません。その後くうなちゅママさんご夫妻からお父様の使われていらっしゃったほぼ初代と言っていいS2.8を譲っていただき、そのとき初めてこのカメラの内因するすごさを知りました。ど素人の私がそれを語る資格はないので末尾に参考URLをいくつか書き出しておきます。
もしこの世に米谷さんが生を受けていなければもしかしたらカメラの技術発展は日本において20年遅れていたかもしれません。いやカメラ文化そのものが20年遅れていたかもしれません。高い理想を実現する技術のチカラと知恵、探究心。そして妥協を許さぬハートの熱さ。米谷さんが標榜された「価値創造」・・この言葉、その生き様にとてもとても魅力を感じます。
私のカメラの師匠であるソーマさんが期せずして米谷さんへの手向けの花となった写真を米谷さんの亡くなる直前に撮られていたのでぜひご覧ください。米谷さんが作られたこのカメラに「孤高の輝き」を感じます。合掌。

名設計者・米谷氏が逝去,オリンパスの礎
カメラ開発における「価値創造」
米谷美久が語る、「見える壁と見えない壁」
[PR]

# by samcame | 2009-08-01 14:42 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆YASHICA ELECTRO 35 (1967) ~作例:大原ACinnそとぼう&バラ園

e0174382_1882352.jpg
「名機」と呼ばれるものは不思議なもので、そのときの名声とは別にこの時代にあまりあるほどあるとやや価値が落ちてしまったりします。このヤシカエレクトロ35も画期的な機能を備えたことでバカ売れ。今もごまんと見つかるのであまり有り難味がややないかも・・・。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-07-20 00:30 | YASHICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆雨上がりのバラ園 ~PENTAX ES & S.Takumar 135mm

e0174382_1295755.jpg時期的には少し前(5末)で、いわゆる梅雨の先走りで降った雨上がりに、ちょうど満開を迎えたバラ園へ行ってみました。その直前に手に入れたスーパータクマー135mの中望遠撮影の絶好のプラクティスにいいのではないかと(^^)/

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-06-20 12:21 | PENTAX(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆KONICA SⅢ(1963) ~神田・日本橋界隈モノクロSNAP

e0174382_227573.jpgなんだぁ、これも自分のバースイヤーカメラだったんだ!1963年12月発売。SⅢというからには初代SのⅢ番手で、さらにはKONICA Ⅰ~Ⅲの前シリーズを受けた最終機種のようです。ということなので最もこのシリーズで完成度が高く、それでいてコストカットもうまくいった「いいカメラ」ではないでしょうか。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-06-10 20:57 | KONICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆PETRI V6(1965) ~上野沼やすらぎの里SNAP

e0174382_18292660.jpg
PETRIは栗林製作所が製作していたカメラブランド。このPETRI V6は1965年発売で、前作V3の後継機。大きなメーカーではないこのペトリブランドは、中身は少々柔な作りであったことは否めませんが、デザインに関しては結構斬新なものもあり、このV6も他では見られないペンタが前に飛び出している「でこっぱち」です。この強烈な押し出し。まず今のソフト路線のデジイチの対極中の対極といってもいいでしょう。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-06-04 23:20 | PETRI

トランスメディア提供アイコン01 ◆OLYMPUS TRIP35 ~水郷「佐原」SNAP編

e0174382_2204819.jpg
水郷佐原に遊びに行った際、デジイチショットの間にちょこちょこっとTRIP35でスナップしてみました。やっぱりこのカメラは旅行が似合うんですよねー。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-06-01 12:37 | OLYMPUS(RF)

トランスメディア提供アイコン01 ◇スーパータクマー135mm

e0174382_15101513.jpgこれは確か2ヶ月前近くに、新宿のカメラ市場で救出しています。135mmはキャノンでFL、FDで持っているにもかかわらず、逆にその魅力にはまってしまい、つい3本目としてペンタのものにも手が出てしまいました。若干中玉にカビがあります。分解して・・なんていうことは私は出来ないのでこのまま使います。あくまでも評判ベースですがなかなかキレのあるレンズとも言われているので、ESとの組み合わせでいかな描写を楽しめるのかワクワクしちゃいます。¥1000でこんなワクワクできるのだから、私には馬券やパチンコよりも上の「道楽」と言えるでしょう(笑)
[PR]

# by samcame | 2009-05-31 15:17 | Salvaging junks!

トランスメディア提供アイコン01 ◇今月の救出品 VOIGTLANDER VITORET D

e0174382_235595.jpg国産セミクラシックを・・・と明言しておりましたが、とうとうその轍を破りました。¥2000という値段に負けて(笑)。フォクトレンダー各シリーズ自体高価格ではないので、元々手ごろ感があるにしろ、意外にもジャンクやCランクがそんなには転がっておらず、まだ入手するのは先だろうなぁと思っておりました。そして目の前に現れたのが「ビトレット・D」。普及品の中の普及クラスですね。正直あんまり格好良くないです。でもビトレットのDは今まで現物を拝んだことすらないので、拝観料(爆)と思って¥2000を支払いました。状態としてはオートはぜんぜんダメ、しかし絞り羽根問題なし、シャッター全速切れたし、レンズカビも何とかなりそう。いずれビトー、ビトマチックに手を広げるとは思いますが、まずはこれが第1号としてきたのはうれしい限りです。
[PR]

# by samcame | 2009-05-23 23:06 | Salvaging junks!

トランスメディア提供アイコン01 ◆MINOLTA X-7 black (1980) ~あの懐かしのメガヒットCM宮崎美子さん脱ぎ脱ぎ(爆)

e0174382_1816377.jpg
ミノルタというメーカーは本当に面白いですね。それとなく普通の機種を出し続けているかと思うと、急遽世の中のムーブメントにまで発展する機種を発表したり。MINOLTA X-7はX-7が有名なのではなくて、崎美子さんの脱衣(笑)&「いまのキミはピカピカに光って~」のBGMでのCMのインパクトとしてある一定世代には誰にでも分かるほどのインパクトであったことはここで書かなくてもいいほどの既知の事実です。

>>この先注意(爆)
[PR]

# by samcame | 2009-05-20 11:14 | minolta(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◇今月の救出品 TAMRON 80-210mm F3.8-4 MACRO

e0174382_16182724.jpg¥500です(笑)。なんかタムロンのロゴも古いから結構初期モデルなのでしょうね。でもどうも人気モデルでもあったので在庫豊富でこの価格みたいです。オークションでもいいとこ¥700くらい。こいつ、アダプトールなる各社対応できるようになっており、これはキヤノンFD用です。ああ、またサードパーティーが増えちゃった~(笑)
[PR]

# by samcame | 2009-05-17 16:18 | Salvaging junks!

トランスメディア提供アイコン01 ◆中指を上手に~~

b0008655_1745592.jpg中指。人差し指よりも優し~く、そしてソフトに・・・・軽くタッチして、スッと動かす・・・。そうすると「クイッ」と「ピクッ」っと反応。この感触ですよ。

>>妙な続きもりますよ~(笑)
[PR]

# by samcame | 2009-05-14 20:34 | カメッセイ(亀エッセイ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆有楽町~銀座4丁目 ~KONICA EYE

e0174382_2113148.jpg桜の時期でしたので1ヶ月以上前ですが、恒例の銀座ブラブラ歩きスナップです。一番の目抜き通りともいえる晴海通りを有楽町から4丁目交差点へ。お散歩の友は「KONICA EYE」。さーてこの「EYE」(目)は何を見たのかな・・・

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-05-11 14:22 | KONICA

トランスメディア提供アイコン01 ◆リッチランド~宮ヶ瀬湖 ~ASAHI PENTAX ES

e0174382_18365368.jpgちょっと前で恐縮です。3月末のリッチランでのキャンプ、そしてオマケの宮沢湖へお供したPENTAX ES(ERECTRO SPOTMATIC)でのショットです。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-05-06 01:38 | PENTAX(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆ASAHI PENTAX ERECTRO SPOTMATIC (ES) (1971)

e0174382_2115922.jpg
世界初の完全自動露出TTL絞り優先AE一眼マニュアル時は機械式シャッターの切り替え可能だった当時の先端機種。エレクトロスポットマチックなる大袈裟な(笑)名前がそれを物語っていますね。エレクトリックなんてもう言わないもんなぁ・・。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-05-02 10:54 | PENTAX(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆キャンプ場の午後 ~MINOLTA SRT101

e0174382_1783588.jpgキャンプ場の午後には独特の空気感があります日のわずかな翳り、きつさのとれた光線、これから下がっていくだろう気温の感じなど、「何か」を感じます。この辺手数が多く、また自分で補正をしてしまうデジイチだとどうも読み取りにくいものがあります。そこがフィルム一眼ではどうキャッチアップできるか、そこを24枚フィルム1本に限定入魂して撮ってみました。”シューター”ひらたけさんにもちょっとご出演願っています(笑)。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-04-27 23:34 | minolta(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆ウォッチコレクション(モノクロ編) ~MINOLTA SRT101

e0174382_11302146.jpg急に思い立って自分の持っている腕時計(ウォッチ)のブツ撮りをフィルムでしてみようと思いました。カメラは「minolta SRT101」に「Tokina 28-70mm F3.5-4.5」を装着。フィルムはネオパンプレスト。ただ結果、この組み合わせ、ブツ撮りにはどう考えてもミスマッチでした(笑)。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-04-26 11:32 | minolta(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 ◆MINOLTA SRT101 blackbody (1966)

e0174382_16212141.jpg
SRT101ブラック。私、このカメラの機能のことを全く知らずに手に入れました。いわゆる一目惚れです。キヤノン機、ニコン機のようなガシッと締まったボディに比べるとやや間延びしてなくも無いですが、このSRT101を設計した方の個性とミノルタSRの伝統がピッタリと合致した完成度を感じます。一言「カメラっぽい」(笑)そう思いました。

↓こちらをクリックして続きをどうぞ↓
[PR]

# by samcame | 2009-04-26 11:08 | minolta(一眼レフ)

トランスメディア提供アイコン01 □今月の救出品 KONICA SⅢ

e0174382_22112493.jpgMINOLTAハイマチック(初代機)がKONICA SⅢに化けてしまいました(笑)。きむら日本橋店で目をつけていたMINOLTAハイマチックをショーケースから出してもらったらなんとレリーズ降りたままの不良。これはだめだとあきらめたけど、一旦買いに来た気持ちが収まらず(笑)、別のところから探しだしたのがKONICA SⅢ。ほとんど知識的にあまり内容は分からないし、スタイルも最初はピンと来なかったけど、ヘキサノンF1.9の魅力に負けて救出決定。そのままネオパン突っ込んで試写までしちゃいました(笑)。結構「当たり」かも。
[PR]

# by samcame | 2009-04-22 22:19 | Salvaging junks!

トランスメディア提供アイコン01 ◆CANON CANONET (1961) ・・掟破りの大ヒット作 &作例:「幕張新都心・午後風景編」

e0174382_20194025.jpg賛否両論、それを作り出すのもエポック。キャノンという会社の仕掛けはニコンだろうがオリンパスだろうが、束になってもそこは勝てないでしょうね。その後永く続くブランド「Canonet」の初代機。自動車のカローラもそうである様に、一発目のインパクトがどれだけ強いかでその永続性が決まるのかもしれません。何ゆえインパクトが強かったのか。それは掟破りの低価格。なんでもそうですが暗黙の一定水準価格ラインというのがあり、それを大手が自分自身で破れば当然「価格破壊」になるわけです。それをやってのけたこのCanonet。発売価格、¥18800。当時のニコンだとNIKKOREX35は約4万ですから。こりゃいかんでしょう(笑)。とにかく爆発的に売れたそうです。

↓ こちらをクリックして続きをどうぞ ↓
[PR]

# by samcame | 2009-04-21 19:13 | CANON(RF)